エアアジア(AirAsia)情報館

エアアジア(AirAsia)情報館

成田空港での搭乗

写真

エアアジア・ジャパン国内線は成田空港の「第2ターミナル」を利用している。チェックインカウンターや登場口は、2012年8月1日時点では、ターミナル入って一番左端にあるので、時間に余裕をもって空港に到着するようにしたほうがいいだろう。



写真

↑クリックすると拡大するので見てほしい。これが「第2ターミナル国内線」の入り口から入ったところにある案内地図。

ターミナル右端の「現在地」が「第2ターミナル国内線」と書かれた入口のところで、ジェットスター・JAL国内線などは、ここから2階にあがり、さらに連絡通路のようなところを通った先からの搭乗。

写真

ただエアアジアは逆側で、国際線到着ロビーを通過した奥だ(鉄道で到着した場合は、エスカレーターなどであがってくるのは中央口付近)。

なので、初めての場合は、ターミナル一階に到着したら、まず「AirAsia.com」と書かれた案内板を探そう。真っ赤で目立つので問題ないと思う。

うっかり「国内線」というほうに向かってしまうとかなり無駄な時間を使ってしまう。

写真

エアアジアのチェックイン&出発口はここ。

写真

成田空港での自動チェックインコーナーはこれ。
自宅でWEBチェックインして、プリントアウトした搭乗券を既に持っている場合にはこれを利用する必要はない。

出発口の列に並び、搭乗券の紙をスタッフに見せ、スタンプを押してもらうだけ。

写真

搭乗前の待合室。
建物の外になるのかな?仮設っぽい感じだった。2014年には成田空港にLCC専用ターミナルもできるそうなので、それまではもしかしたらこんな感じなのかも。

成田国際空港会社(NAA)は5日、格安航空会社(LCC)の参入を促すため、施設使用料を安く抑えた専用ターミナルを建設すると発表した。2014年度中の完成を目指す。成田、羽田空港ともに発着枠の拡大で旅客争奪戦が過熱しており、成田は多様な航空ニーズに対応して羽田との差別化を図る。(「成田空港、LCC専用ターミナルを建設 2014年度中の完成へ(MSN産経ニュース)」より

写真

そして搭乗口へ。

写真

これは8月1日、就航初日の初便(7:00発福岡行き)の風景なので、テレビカメラなど報道陣もかなりたくさんいた。

写真

搭乗口は「J」。
成田空港ではなく、どこか海外の島の小さな空港にいるみたいで、なかなか新鮮な感じ。

写真

そしてバスで機体まで。

写真

こちらも、初日&初便ゆえなんだけど、制服の女性スタッフ&エアアジアジャパンの社長さんが並んでバスを見送ってくれた。

Owly Images

↑見送っていた側で撮った写真(エアアジア・ジャパン公式TwitterのTweet

写真

そして真っ赤な機体に搭乗。

注:これは2012年8月1日時点での情報です。最新&正確な情報は必ずご自身でお確かめください(チェックインカウンターの場所なども変更になる可能性あると思いますので)

▲このページの一番上に戻る
この記事内容は、作成時点の情報をもとにしています。料金やシステムが変更されている可能性もありますので、最新・正確な情報はかならず公式サイトにてご確認ください。

作成 2012年8月 5日 16:46  | チェックイン&搭乗(国内線) | TB (0)
次の記事 機内風景
前の記事 成田空港への早朝アクセス
トップページに戻る トップページに戻る

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://awd.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2501