<小型バイクでツーリング>北海道一周ツーリング記

<小型バイクでツーリング>北海道一周ツーリング記

<小型バイクでツーリング>北海道一周ツーリング記

赤いクロスカブ(110㏄)に乗って残暑の関東を脱出し真夏の北海道へ!バイク歴1年半の初心者ライダー(♀45歳)が、北海道沿岸ルート約3,000キロを2週間かけてのんびり走ってきました。
はじめに計画宿泊装備GoPRO撮影関連サイト絶景スポット●ツーリング記録●総括●映像

<小型バイクでツーリング>東北沿岸ツーリング記録

トップページツーリング記録

<1日目>苫小牧→洞爺湖畔~動く生ホッキ丼に地球岬、洞爺湖の夕陽

写真

2015年8月3日、大洗発の三井商船フェリー苫小牧行き夕方便に乗船。
3日前の火災により深夜便は一日おきで欠航になってしまっていたが、夕方便は幸い運航していた。

▼北海道一周ツーリング<1日目>苫小牧→洞爺湖(6分2秒)

写真

バイクでフェリーに乗るのは、昨年の東北沿岸ツーリングの時に同じ大洗→苫小牧/苫小牧→八戸ラインに乗った時以来。前回と違いひとつ下のデッキに駐車することになったので少々どきどきだったが、下船のための移動も無事こけずにできた。

写真

北海道に到着!!!

写真

そのままフェリー港周辺で停まることもなく市内へ。

バイク乗り始め半年以内だった前回は、スピードも全然だせず複数車線にも慣れておらず、右折ができなくて同じ場所を何回もぐるぐる回ってしまった。

さすがに一年経過し4000キロ以上走るとそれはなく、初心者ながらにちょっと上達した自分を感じてうれしくなった瞬間。

写真

まずは腹ごしらえで、港近くにある「ぷらっとみなと市場」へ。

写真

それほど大きくはないが、種類もたくさんあって楽しい。
食べる店も結構入っている。

写真

私はもちろん生ほっき貝。

「お客さん、たった今まで元気だったやつだから箸でつつくと動くよ」

と言われたけど、その時点では箸でつつかなくてもうねうね筋肉っぽいところが動いていて絶句していた。

口に入れるのにちょっと戸惑うほどだったが、食べると柔らかくそして甘い。幸せ!

写真

非常に大きなのが入っていたので、それを丸々一個使ったよと見せてくれた大将。
ホッキ貝ってこんなのなんだ!(というのすらよく知らなった)

写真

苫小牧は大都市だが、ちょっと走ればすぐ郊外に抜ける。
そしてしばらく走って気付いた。

「そうだ、ガソリン入れなくちゃ」

大洗港に着く段階でもうレッドゾーンだったので市内で入れようと思ってて忘れた。

まあ北海道とは言っても苫小牧から登別・室蘭に向かう幹線道路だから、ガソリンスタンドなんて割と頻繁にあるだろう。

・・・となめてかかっていたらそんなことはなく、
まさかの到着直後のガス欠かと焦った。

写真

でもあってよかった~!
携行缶にも早めに予備ガソリン入れておかなくちゃ。

写真

そして海沿いの国道36号(室蘭街道)へ。
登別では巨大なクマと鮭とカニの看板がかかげられた店の前も通過した。

写真

登別あたりだったかな。
海沿いの道を走っていたはずなのになぜか突如、緑濃い山の中の道にも。

沿岸ツーリングで海が見えなくなると、道間違えたんじゃないかとちょっと不安になる。

写真

そして室蘭市へ。
ずっと走ってきた国道36号が、ここだけ自動車専用道になっていて、原付二種の自分は、入っちゃいけないところに入り込んでいしまったのでは!?「本線↑」って何よ!?と焦って慌てて降りたら・・・

写真

そこから地球岬に向かう道がわからなくなりちょっと苦戦。
山越えようと思うとすぐ行き止まりになってしまい・・・

その後はスマホのGoogleマップを見て慎重移動。

写真

無事付きました。
ツーリングガイドに、北海道のアスファルトは柔らかく、停車時はサイドスタンドの下につぶした空き缶など敷いて止めないとめり込んで倒れてしまうと書いてあったけど、ここはちゃんと鉄板が敷いてあった!

ただここに停めきれなかった人がその両脇に停めたらしく、よく見ると穴ぼこだらけ。本当にめり込むんだ。

写真

地球岬、正しくは「チキウ岬」。

写真

地図見ると少し歩くのかなと思っていたけど、駐車場からすぐの場所に展望台があった。

写真

白い灯台が、その奥にぐるり広がる濃い海の色にはえて美しい。
室蘭はかぎ型に海に張り出した面白い形の町なんだけど、南側はかなり高さもある山があり、その切り立った壁が海に沈む風景をここから見ることができる。

写真

高いところなので、山の間から別の方向の入り江も見える。

写真

さて海に飛び出している室蘭中心部から再び広い大地に戻るためのルートとして「白鳥大橋」がある。こちらも自動車専用道というのは地図で見て知っていたのだが、橋までの高さにあがるためのらせん状のループを入る瞬間に看板に気付いた。125㏄以下はダメだった。

とは言っても、後ろにも何台も車きちゃってるし、急停車もUターン&逆走もできず。

写真

仕方ないので走っちゃいました。

写真

コンビナートも見下ろせる白鳥大橋。
夜景も人気のスポットらしい。

写真

そして一路洞爺湖へ。
時間は十分あると思っていたけど、実はけっこうぎりぎりになってしまった。

日没後は走りたくいないので、ちょっとスピードアップ。

写真

最後は海沿いの道を離れ内陸。
昭和新山の脇を走り、洞爺湖畔へ。

写真

シカにもクマにも遭遇せず、無事洞爺湖畔に。

写真

事前に予約しておいた中の島ホテルは、昭和新山ユースホステルと連結した、ちょっとレトロなホテルだった。洞爺湖温泉の賑やかなエリアからはちょっとあるけど、静かでいい場所。

写真

日没にもぎりぎり間に合い、湖畔の林沿いに洞爺湖に沈む夕日を眺めながら・・・

写真

北海道のコンビニチェーン、セイコーマートへ買い出し。

写真

美味しいと評判のセイコーマートのお弁当に、北海道限定のクラシックで初日お疲れさま乾杯。

写真

毎日洞爺湖温泉で打ち上げられる花火は、ホテル近くからもかすかに見ることができた。

▼北海道一周ツーリング<1日目>苫小牧→洞爺湖(6分2秒)