魚好きが興奮!刺身に寿司も!「魚市場 旬」

練馬区民になってすぐ、「果たして練馬ってところには何があるんだ?」と検索した時、かなり冒頭で登場したのが「魚市場 旬」だった。しかも住んでいるシェアハウスから徒歩でも行ける場所。公式サイトを見るとイベントまであり、期待大。更にその後、練馬や石神井公園エリアのムック本を買ったところ、そこでも大きくとりあげられていた。

魚屋さんなんだけど、ただの魚屋さんじゃない。
もはや・・・

「練馬区の観光スポット」

と言ってもいいような場所のようだ。

●魚屋シュン | 練馬にある日本最大級の粋な魚屋

そして本日、バイクで池袋までいった帰りに遂に立ち寄ることができた。

まず驚いたのは、写真には写っていないがこの建物の正面の駐車場の広さ。そして停まっている車の多さ。大通りに面しているわけでもなければ商店街でもなく、住宅街のどまんなかに突如あるお店なのだが、その前には相当な数の車が停まれる駐車場があり、警備員さんが交通整理をするほど。

建物もひっきりなしに人が出入りしていて、大きな港町の観光海鮮市場のようだ。

公式サイトに月間イベントスケジュールが掲載されているが、今日5月27日は「マグロカマ」イベントの日。

店頭で試食ができ、さらに200円から800円までの焼いたカマが販売されていた。お昼ちょっと前だったこともあるのか、お店からでてきた人が次々買い求め、焼くのが追いつかなくなっている模様。

そして入ってみた。
漁港の観光客用の施設を除いたら、こんな大きな「魚屋さん」を見るのは初めてだ。

そして私たちは更に、「魚屋」の「らしさ」を極め、「魚屋」の「枠」にとどまりません。商店街から魚屋の姿がなくなりつつあります。私たちは「粋」な魚屋文化を守り、魚屋の「誇り」を守り、魚食の伝統を守るためにも日々進化し続け、お客様に「うまかったよ」と言っていただけるように努力し続ける事を約束いたします。(公式サイトより抜粋)

海に面していない、しかも駅からも遠い住宅街のど真ん中になぜこんな魚屋さんがあるのだろう。不思議で仕方ない。

新鮮な魚が売られている。
日曜日ということで、既にかなりのお客さんがきているのだろう。氷しか残っていない発泡ケースもたくさん並んでいた。

平日は無料のお造りサービスもある。

そしてお刺身もずらり。

マグロの柵がずらり並ぶ。

これは美味しそうだな~!!!

お寿司も、スーパーのものなんかより値段は遥かに高いが、内容にもかなりの差がありそうだ。週末ということもあり、結構買っている人がいる。

この「魚屋のにぎり寿司(7貫)のネタはかなり凝ったものになっていて、ひとつひとつ手書きで種類が書かれていた。

魚を使ったお弁当も。鯛めしが気になる。

アジフライも大きくて肉厚。

そして干物も本当にいいものが安く買えると、紹介していたムック本か何かにも書かれていた。確かに脂のっていそうだ。とりあえずサンマの開きを2枚買ってみた。アジも美味しそうだし、巨大なトロホッケはひとりだと食べきれないが、非常にそそられるものがあった。

サワガニに・・・

陸前高田の大粒牡蠣も。

乾物や練り物もたくさん。
しかも九州や北海道など、かなり遠方の製造のものも多い。

こちらは隣の建物のお店。
おそらく同じ経営なんじゃないかな、野菜や肉類、その他食品全般を扱っている。

ここも野菜といい肉といい、よさそげなものが結構お安く売られている。

少し先に業務スーパーもあるのだが、そこの品揃えとはぜんぜん違う。そしてお客さんの入りもまったく異なった。商売の人も仕入れに来ているようで、かごにどっさり食料積み込んでいる人を何人か見かけた。

なぜかコストコのケーキなんかも。

「魚市場 旬」と隣接するスーパーは、なんでもっと早くに着ておかなかったかなとやや後悔したほど。魚好きの自分はテンションがあがった。

今度はお寿司を買いにきたい。

●魚屋シュン | 練馬にある日本最大級の粋な魚屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です