コテージも快適!座間味島村営キャンプ場

沖縄・座間味島

座間味島はハブがいない島。
なので村営キャンプ場がある。場所は港のある市街地から徒歩25分くらい。村営バスも走っている。

今回私はコテージ申込みのつもりで、うっかりテント泊申込みをしてしまったらしい。
結局、初日の夜の風が非常に強かったため、同じ敷地内にあるコテージに換えてもらったんだけど、ツアー参加者のうち男性2人がテント泊をした。

沖縄・座間味島

そのうちの一人、BE-PALライターNさんのテントを本人不在時に勝手に覗く一行。

沖縄・座間味島

二人用のテントだけど、中はかなり広々。
小さな子供だったら、大人ふたりの間に子供1~2人とかいける。

沖縄・座間味島

実はもうひと張、5~6人用のテントも設営したんだけど、風があまりに強く、前夜祭に行ってる間に中に入れてあった荷物ごと吹き飛んでしまった(関東甲信越が大雪に見舞われたあの夜は、沖縄も大荒れの天気でした)。

沖縄・座間味島

キャンプ場はかなり敷地広く、木陰も多い。
オートキャンプもOKだけど、特にオートキャンパー用に電源用意している場所などはないそう。

島なので、車で来る人はそれほど多くないのかな。

沖縄・座間味島 沖縄・座間味島

二日目の朝は、キャンプ組2人に混じって一緒に朝ごはん。
自分はコテージ泊だったけど、ほんのちょっとキャンプ気分も味わえて楽しかった。

珈琲まで淹れてくれた方に感謝♪

2月でも最低気温は15度下回らない日がほとんどなので(平均気温18度)、テント泊も全く問題はない。ただこの時は風がものすごかったので、寝ていてかなりうるさかった模様。

沖縄・座間味島

キャンプ場利用は大人300円。
もちろん貸し出しもしている。

沖縄・座間味島

炊事場はこんな感じ。
シャワーはお湯はでないので、夏は問題ないけど冬はちょっと寒そう。

沖縄・座間味島

そして今回私が二泊したのが同じ敷地内にあるコテージ。
楽園・離島便の座間味島ツアーで宿泊先となっているうちのひとつがこの「くじらの里ふれあい広場コテージ」だ。


●楽園・離島便~2泊3日沖縄島旅

沖縄・座間味島

外観も立派だが、中も本格的な作りのコテージ。
コの字型のカウンターキッチンがあり、部屋もかなり広い。

丸テーブルに椅子もあるが、この部屋では前日コテージ&テント組で合同宴会をしていたので、すべて隅に片付けてしまっている。

沖縄・座間味島

コテージ宴会風景。

沖縄・座間味島

キッチンの奥から見るとこんな感じ。
冷蔵庫もある。

沖縄・座間味島

非常に気に入ってしまったのはベッドルーム。
こちらもコの字型の二段ベッドで、正面左右二段に六人が寝られる。

かなり厚みある木材を使って作られており、丸太の階段もいい感じ♪

沖縄・座間味島

下には畳が敷いてあり、この上にウレタンマットや寝袋を敷いて寝る。

沖縄・座間味島

贅沢なことに、こんな広いコテージをひとりで独占。
管理がとてもしっかりしているのだろう、冬場はそんなに稼働率も高くないと思うが、まったくこもった臭いもなく、中は非常にきれいで快適だった。

沖縄・座間味島

シャワールームやトイレも清潔♪
ここはお湯がでるので冬でも問題なし。

沖縄・座間味島

キャンプ場のすぐ先にはシュノーケリングにも適した阿真(あま)ビーチがある。ここにはウミガメが住みついていて、ビーチを散歩しているとよく海の中から顔を出すそう。

私もビーチからは見れなかったが、午後のカヤックツアーに参加している時、このビーチから10メートルちょっと離れたあたりの海の中を泳ぐカメを見た。

私も数年前に買った軽量二人用テントがあるし、寝袋もストーブも炊事道具も一通り持っているので、次はもう少し暖かい時期に、ここでひとりキャンプ長期滞在というのもありだな♪

●[N]座間味島旅行・・・同じ座間味島2泊3日ツアーに参加した方のレポート記事です
●楽園・離島便~2泊3日沖縄島旅