ケラマブルーの座間味の海をカヤックで滑る

沖縄・座間味島

二泊三日座間味島ツアーの二日目午後、再び港に集合してキャンプ場&コテージがある阿真ビーチへ。お楽しみ!カヤックツアーだ。

ビーチに並んでいたのは鮮やかなグラデーションカラーのタンデムカヤック。

沖縄・座間味島

2人乗り用だけど、間に子供が乗ることもできる2.5人用。
とても安定しているので、海の上での乗り降りも割と楽なようで、カヤック+シュノーケリングなどにも向いているらしい。実際、沈するのが難しそうなほどの安定性。

●モンベル | トライブ13.5

沖縄・座間味島

同じツアーに参加した人で2人ずつチームを組み、陸上でパドルをどう動かすかなど簡単な説明を受けた後、さっそくカヤックを海に浮かべて乗艇。この頃はかなり日差しも強くなり日焼けが心配なほど。

沖縄・座間味島

風もあり少し波立っているところもあったので、沖合の白砂の無人島には渡らず、ビーチと並行に漕いで阿真ビーチから西に向かって進むこととなった。波といっても、座間味島の南側は慶良間諸島の湾内なので、外海とは全く違い穏やかだ。残念ながらホエールウォッチングは中止になってしまったものの、カヤックは北風が強くなる冬でもだいたいツアー催行可能らしい。

夏だと日陰のない海で焼け付く日差し受け続け、少々ばててしまうことも。
実は秋・冬はカヤック遊びのベストシーズンなのかもしれない。

沖縄・座間味島

しばらく漕いで上陸。
小学生の頃からカヌーなどやっていたので、実はこういうの大好き。時間さえ許せば、一日でもカヤック乗っていたい人だ。

座間味島には、カヤックツアーを実施しているショップが何軒もある。

●ガイドマップ(シーカヤック)|座間味観光ガイドマップ 座間味村公式webサイト

たとえばネイチャーカヤックセンターの「1Dayカヤックツアー」だと、9時に港に集合しビーチから出発。無人島でタープを張って日陰ビーチでのんびりしたりシュノーケリングしたり。そのまま島でタコライスやゴーヤパスタなどのランチを作って食べ、午後はウミガメウォッチング。オプションでパドルボード体験もできるそう。

そして再び無人島をでて、冬は15時頃、夏は16時頃の帰着。
そんな盛りだくさんの一日アクティビティで大人1人11,000円だそう。いいなあ。

●沖縄・座間味島発のホエールウォッチングで感動体験!

沖縄・座間味島

上陸したところから皆で海沿いをさらに西に散策。
干潮で、通常は海の底になっているエリアがかなり広く顔を見せていた。

このネットはどうも、あおさを養殖しているものらしい。

沖縄・座間味島

しばし干潟散策した後、ふたたびカヤックに乗って出発した阿真ビーチに戻った。
写真撮りそびれたが、途中阿真ビーチのビーチすぐそばで、ウミガメにも遭遇。

阿真ビーチには何匹ものカメが住みついているそうなので、シュノーケリングすれば高い頻度でウォッチできるだろう。

●沖縄・慶良間【ネイチャーランド カヤックス】のブログ

夏場だけでなく、1月でも「カヤック+シュノーケリング」の組合せは可能らしい。

沖縄・座間味島

海面の高さから見る風景はまた新鮮だ。
砂浜も島も、もちろん海も、陸から見ているのとはまったく違って映る。

カヤックはそれほど力もいらず、コツ覚えるとすーっと滑るように海面を進むようになる。そうするとなんだか、自分がカヤックと一体化したかのような、アメンボか何か水上の生物になったかのような感覚も味わえる。

今回は半日だけのツアーだったけど、
次は丸一日かけて無人島に行くツアーに参加してみたい♪

沖縄・座間味島

陽気で楽しいスタッフのみなさん。
本当にありがとうございました!

●[N]座間味島旅行・・・同じ座間味島2泊3日ツアーに参加した方のレポート記事です
●楽園・離島便~2泊3日沖縄島旅