みんなで踊りまくる!座間味の島フェス

沖縄・座間味島

夕方の座間味島・泊港。
夕陽に照らされた湾内には、そのままごろんと寝転がりたくなるような穏やかな時間が流れている。

でも寝てなんかいられない。
この後にはとっても楽しい夜が待っていたのだから。

今回参加させてもらった座間味島2泊3日ツアーのメインイベント、2月15日夜に開催された「楽園・離島便2014 座間味村島フェス」だ。

沖縄・座間味島

場所は座間味離島振興総合センター。
港から道路渡ってすぐのところにある大きな体育館的な建物だ。

沖縄・座間味島

前回来た時は運動会の前日だったので、地元の人達が踊りの練習をここでしていて、隙間からちょっと覗いていたっけ。

座間味島では毎年11月が「ファン感謝月間」で、土曜日には村民芸能ショーが開かれる。
その内容がとにかくすごいらしい。
今回の島フェスは、その芸能ショーを特別に二月にもやってくれるというものだ。

●沖縄・ケラマ諸島 座間味島 スローライフ「座間味島ファン感謝月間2012がスタートしましたよー」

沖縄・座間味島

後方には島の食材を使った食べ物がずらり。
このために、午後から閉店になってしまっているレストランもあった。

沖縄・座間味島

ここでいただいたスープ、写真撮り忘れたけど美味しかった!

沖縄・座間味島

座間味でたくさんとれる貝だそうで、一般には「マガキ貝」と呼ばれるそう。

●マガキガイ – Wikipedia

お土産屋さんで売られている貝殻はよく見るけど、中身見るのは初めて。食べるのは多分初めてじゃないかしら。

沖縄・座間味島

前夜祭でもたっぷりいただいたサザエの蒸し焼き。
戻ったらそうそう食べられないので、ここでもいただく♪

奥のほうにたまってるスープが美味しい。

沖縄・座間味島

まずは座間味村長の挨拶から。
とっても若い宮里哲村長!

以前はここでマイクもって司会やってましたというだけあって、トークも面白い!

●時事ドットコム:トップインタビュー 宮里哲・沖縄県座間味村長

沖縄・座間味島

そしてトップバッターは、「フラチーム・ピリラニ」によるフラ。
実は全く知らなかったんだけど、大きく分けて「古典フラ」とアウアナと呼ばれる「現代フラ」があるそう。

一番最初のダンスは、南国の陽気なムードにあふれた現代フラとは全く違う、どちらかというと厳粛な雰囲気が漂う古典フラ。迫力すら感じる。

沖縄・座間味島 沖縄・座間味島

続いて中学生や小さな子供達によるフラ。
ちょっと緊張の面持ちながらも、手の動きもとても柔らかくなんともかわいらしい踊り。

沖縄・座間味島

参加者も完全に舞台に釘付け状態。

沖縄・座間味島

「一緒に踊りましょう」

ということで、参加者も舞台に登り、簡単な振り付けを教えてもらって見よう見まねで踊る。
・・・でも意外に難しかったなあ。私も二列目にまぎれています。

沖縄・座間味島

こちらは現代フラ。
手の動きでたくさんのストーリーや情景を表現すると聞いたことがある。

沖縄・座間味島

ここから伝統の琉球舞踊に。

沖縄・座間味島

着物も笠もかなり重たそうなんだけど、流れるような腕と体の動きが優雅。もともとは琉球王国時代、中国からの使者をもてなす宴の舞踊からきているそう。

沖縄・座間味島

そして衣装も振り付けもがらりかわってもうひとつ。

沖縄・座間味島

主催モンベルの人の挨拶や抽選会などもはさみながら島フェスは進行していった。

「そろそろ次かな」
「お、来るか!」

何やら詳しいらしい周囲の人の目がキラキラし始めた時、会場の後ろの扉が開き、入ってきたのは・・・

「相撲ダンサーズ」

ここは写真を撮らなかったので、ぜひ動画で見ていただきたい。

▼座間味島・島フェス「相撲ダンサーズ」(3分33秒)

もー、面白すぎる!!!
しかも昼間のアクティビティでお世話になった人とかも混じってる(笑)

この相撲ダンサーズの撮影に夢中になっていたら、肩をたたかれ「後ろ!後ろ!」と。
振り向いてびっくり。

さらに衝撃なダンサーズが入ってきていた。
その時の会場の様子がこれ。

沖縄・座間味島

昼間にキャンプ場で出会った女性が別の参加者に「私たちも登場するわ。スパンコールついた衣装で」と話していたそうで、どんなのなんだろ?と思っていたんだけど、本当にスパンコールだったよ、

「ドリームガールズ」

沖縄・座間味島

もうなんか、はじけすぎ!!!

▼座間味島・島フェス「ドリームガールズ」(59秒)

沖縄・座間味島

会場はテンションマックス。
今回のツアー参加者も舞台すぐ下に集まり一緒に踊る。

沖縄・座間味島

日本人による江南スタイルでここまですごいのは初めて見た。

沖縄・座間味島

そのまま、最後のバンド「ざ・まみーず」へ。
カヤックツアーでお世話になったおにいさんたちもメンバーだ。

沖縄・座間味島

会場も一緒になっ手踊る踊る。
11月のファン感謝月間には、この村民芸能ショーが目当てで遠くからやってくるリピーターが多いそうだけど、わかるわー。

参加した人のブログだと屋外での開催になっているので、人数も多いしさらに盛り上がるのだろう。一度来てみたい!

沖縄・座間味島

最後は「オジー自慢のオリオンビール」「オバー自慢の爆弾鍋」。
オリオンビールは、島マラソンの前夜祭&完走パーティーでもみんなで踊る曲なので知っているけど、オバー自慢は初めて聞いた。

本当に楽しかった!!!

沖縄・座間味島

そして遂に最終日。
普通だと「あっという間だね」と言い合うのだが、今回はたった二泊三日とは思えない盛りだくさん&濃密なスケジュールだったせいか、「何日も座間味島に滞在していた気がする」「うんうん」と。

正直、沖縄離島で二泊三日なんて、移動時間も考えたら短すぎだろ!と思っていたんだけど、そんなこと全くなかった。那覇でフェリー欠航を知らされ「( ̄□ ̄;)!!」となっていたのが何やら遠い昔のことのよう。

沖縄・座間味島

甲板にあがると村の人達の見送りが。
初日に三線をひいてくれた陽気なオジーは港で働いているそうで、ヘルメット姿で手を振ってくれた。

そして赤いジャケット着た村長さんも。

こうして港で手を振られてしまうと、別離の寂しさがぐっとくる。
これも島旅の醍醐味のひとつなのかもしれない。

沖縄・座間味島

さようなら、座間味島!

●[N]座間味島旅行・・・同じ座間味島2泊3日ツアーに参加した方のレポート記事です
●楽園・離島便~2泊3日沖縄島旅