房総半島素掘りトンネルナビ
房総半島素掘りトンネルナビ

房総半島に数多く残る「素掘りトンネル」。林道にひっそり佇むトンネルはまるで別世界へといざなう入り口のよう。素朴なトンネルの内壁には美しい地層も浮かび上がり、ツーリング目的地としても人気です。主要な素掘りトンネルへの行き方やおススメルートなどをご紹介します。

二階建ての神秘的なトンネル

向山トンネル

写真写真写真写真

「濃溝の滝」に続くインスタ名所になるのではと話題の「二階建てトンネル」こと向山トンネル。養老渓谷温泉の中心地にあり、県道81号からもすぐの場所のため、路線バスでも訪問可能。

このトンネルの最大の特徴は、坑道の途中、突如頭上に現れる「窓」。もともとはここがトンネル西側の出口だったが、その先の道との接続の関係で昭和45年に掘り直しが行われ、さらに先かつ下位置に新たな出口が作られた結果、元々の出口が窓のようにぽっかり空いた不思議な二階建ての構造になった。西側出口上部には「共栄トンネル」と刻まれており、2つの名をもつ非常に珍しいトンネルだ。壁面上部には防空壕の穴もある。

西側出口の右側には砂利を敷き詰めた駐車スペースがあり、そこから斜面を登っていくと、旧出口が見下ろせる場所に辿り着く(砂防のためと思われるコンクリ壁が設置されているので、そこから先には入らないほうがいい/窓部分に柵はなく転落すると危険)。

両出口はアーチ形の一般的なトンネルだが、中に入ると素掘りトンネルの上にコンクリ吹付が施されており、壁面のでこぼこ緑色に浮かびあがり幻想的。

記念写真を撮る歩行者も多いため、車やバイクで中に入る場合は十分スピードを落とし注意して走行する必要がある。中で写真を撮りたいなら徒歩で。

概要

住所千葉県夷隅郡大多喜町葛藤
全長115メートル
建設時期未確認/昭和45年に掘り直しが行われた
駐車場近隣に有料駐車場あり
トイレ近隣に公衆トイレあり

アクセス

<車・バイクの場合>

県道81号線を南下し養老渓谷温泉街の中心部付近/周辺に有料駐車場あり

<公共交通機関の場合>

小湊鉄道養老渓谷駅から路線バス(養01「栗又・ごりやくの湯行き」)乗車5分、弘文洞入口バス停下車徒歩1分

関連記事リンク

動画

▼向山トンネル─バイク(1分12秒)/YouTubeで見る

▼向山トンネル─徒歩(1分23秒)/YouTubeで見る

訪問レポート

詳細は後日記載(とりあえず写真のみ) 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真